2016年11月

ほとんど毎日舅さんが徘徊を始める頃でした。新聞の配達員さんと会釈をしながら引き戻したり。ただ良いこともあります。特に冬の夜空の煌めきは、どうでしょう!ね、寒椿さん。時々目覚めて外に出てしまうのは、あの頃の名残です。 ...

wtoー悩みがあるから不幸なのではない。悩みに負けないことが幸福なのだ。 …自分に勝つ猫でいよう!と教わったそうです。今年の花達は皆、母から伝わっていますから、夏の日照りも、台風の日照不足もこの為で不幸とは思いませんでした。思いがけず長生きをして寒さに震えて ...

初めの一粒のお話をしましょうか。金ちゃんを覚えていますか?亡くなってもう数年になりますか…。付き合いの広い方でした。miiさんが突然連れて来られた時には数匹の外猫がいて、次第に減って最後は銀ちゃんだけになりましたね。その数年間ほどは一番距離をおいていました。 ...

このページのトップヘ