9ab6662d.jpg
まだ幼いはずの大翔が一気に頼もしく感じました(^ー^)